本日の注目記事①

本日の注目記事②

【※対決】サムライ VS ロボット どちらも技術もヤバい…(動画)

Pocket



衝撃ネタをご紹介。

紹介するのは「サムライ VS ロボットの対決動画」。両方の技術に驚いてしまうような対戦動画。
刀を巧みに扱う剣士の技術も凄いが、その動きを完全に再現してしまうロボットの技術にも驚きである…。


スポンサーリンク


【実際の動画】


オススメ人気記事

【画像】佐藤琢磨さん、米倉涼子さんのお●ぱいに肩で触れるwwwwwwwwwwww

【悲報】たばこ1本あたり3円増税へ、マルボロが520円に

【これは酷い…】韓国「トランプ来るやん!せや、元慰安婦を夕食会に招待したろ!」←ファーwwww

【画像】藤島康介先生と結婚したねこむちゃんが出産した結果wwwwwwwww

【画像あり】宮崎駿「オタクが喜ぶ萌え絵くらい私にだって描ける!!!!!!!!」

【画像あり】漫画家さん「店員に水かけられて怒る奴は自分の事しか考えてない!!!!!」

JR西日本が「人身事故」を「列車がお客様と接触」に言い換え→理由が…

【悲報】親がヤクザだった俺の末路・・・・・・・

【愕然】テレ朝、ジャニーズ事務所の圧力を無視するwwwww

韓国大統領府 トランプ大統領との夕食会に慰安婦を招待・・・

危険すぎて使用禁止になった滑り台がコチラ…

【マジか】今では信じられない!昭和の常識ランキングwwwwwww

【狂気】「ハロウィンに子供たちにこのお菓子あげたw 今頃絶対苦しんでる」 ⇒ 結果…


本日のおすすめ記事①

本日のおすすめ記事②

コメント一覧

  1. 名無しさん November 06, 2017 12:42

    クラタスに装備してくれ

  2. 名無しさん November 07, 2017 14:33

    町井勲、こいつに嫁と不倫された。
    嫁が元々ファンだったのですが、アメブロのメッセージで会う約束をしてた。
    町井勲は「東京で滞在するホテルで先に入って待ってて」と連絡していた。
    町井勲も妻子がいながら他人の家庭の幸せを奪う、そんな奴だ。
    これは事実であり、警察も取り合ってくれないからマスコミにタレこみます。
    彼が健全風に目立つ姿をみてその度に憤りと殺意がわく、復讐します。

  3. 名無しさん November 07, 2017 16:05

    なんかきてるな

  4. 名無しさん November 07, 2017 20:01

    これはカッコイイ
    けど日本刀って現代じゃ美術品ってこと以外殆ど役に立たないんだよなあ

  5. 名無しさん November 07, 2017 20:08

    戦後、刀狩りで日本人の魂である日本刀を奪ったGHQに憤りを覚える動画

  6. ハインフェッツ November 07, 2017 20:36

    ※2
    まあ、彼は武芸と言うよりは単に斬る事を追求してる方向性の人だからね。
    勿論、逆に武芸の師範ならば人間的に完成してるというわけでもないが。

    ※5
    刀が日本人の心だったのは、本来的には日本がまだまだ無法地帯ばかりだった時代に一番身近な護身具だったからですよ。
    極論してしまえばアメリカ人にとっての西部劇のピストルと同じ事ですわ。

    だから近代化した明治時代にはもう「維新この方廃れたる」と歌われるレベルになってたの。
    それが、GHQに接収されたような昭和刀となると、アレは最早大陸侵略を正当化する為のプロパガンダの道具となり果ててたしな。

  7. 名無しさん November 07, 2017 20:41

    このアームは溶接で使うんだけど、縦、横、軌道でこんな動きができることに驚き。

  8. 名無しさん November 07, 2017 22:06

    ユンボだからな

  9. 名無しさん November 07, 2017 22:58

    ここの道場のHPみると、金・かね・カネでうんざりする

  10. 名無しさん November 07, 2017 23:07

    斬るっていう動作が出来るのがすごいな
    果物横切りしたときは若干力任せっぽかったが

  11. ハインフェッツ November 08, 2017 22:57

    ※9
    そら、きょうび日本刀なんてただ鑑賞するだけでも無暗に金のかかる趣味でしかないもの。

    だいたい、銃刀法の規制を受けないようなナイフや包丁の類を玉鋼ではなくYSSヤスキハガネで打ったような代物でも、結局鍛冶屋のハンドメイドってだけのことでアホみたいな値段するしな。

    だから、この人は下積み時代には洋鉄の昭和刀を、コレでも決して安いものではないので刀の方を傷付けないように用心しながら使う事で腕をみがいたんだと。
    だが、この人がよろしくやってる藤安将平という刀匠は、武術の訓練なんてロクにやっていなかったであろう戦国時代の雑兵が無暗矢鱈に振り回しても時代劇のようにスパスパ斬れる刀を伝統的な製法で作る事を目指してるんで、逆にそんなに丁寧に使われては困るという考えなんだそうな。

  12. ハインフェッツ November 08, 2017 23:02

    追記

    ただ、その藤安刀匠も実用性一辺倒で美しさや華やかさはあんま重視してない刀を打つというので、刀匠の世界では冷や飯を食わされてた時代の方が長かったとかなんとか。

    ま、この例に限らず一般的に刀剣界は狭く派閥争いの酷い業深い世界だとはよく言われてる事だけどな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップページ