1 / 11

【実験】オレンジの皮を使って風船を割る方法


本日はおもしろ実験をご紹介。

紹介するのは「オレンジ(みかん)」に隠された性能。
ごくごく一般的なオレンジに意外な効果があるということで実際に試してみました。

【実験概要】
オレンジの皮にはある成分が含まれており、その成分にはゴムを溶かす性質があるらしい。
その性質を利用して「オレンジの皮で風船を割ることが出来るか?」という実験を行います。

【オレンジについて】
まずはオレンジの特徴についてお話したいと思います。
オレンジといえば国内では愛媛や和歌山で生産されているイメージがありますが、元の原産地はなんとインド、そのインドから日本に輸入され始めたのは明治時代だったとのこと。
実験結果にも影響するかもしれないのでその成分についても調べてみました。
●成分
--
ショ糖、クエン酸、ビタミンC、ビタミンA、アスパラギン、プロリン、アミノ酸、アルギニン
--
また、オレンジにはブラッドオレンジ等、様々な種類があるのでそちらの紹介も併せて。
--
ワシントン、ナベラーテ、鈴木、清家、トムソン、バイアニーニャ、丹下、福本、
サンギネロ、モロ、サンギネリ、タロッコ、マルチーズブラッド、ドブレヒナ、
ビガラード、ベルガモット、キノット、ダイダイ、
--
調べてみると想像以上に種類があり驚きました。生産地によってそれぞれ品種・ブランドが名付けられているみたいです。

【ゴム風船について】
オレンジの成分等について紹介してみましたが、そのオレンジと反応を示すというゴム風船についても調べてみました。
ゴム風船は天然ゴムで作られた伸び縮みが出来る風船。
木の樹液を元にして作られており、その木の名前が「ゴム」なのでそこから名前が付けられていることが分かります。ゴムにも幾つか種類がありますが、ゴム風船で使用されているのは「天然ゴム」と呼ばるもの。

【用意したもの】
オレンジとゴムの紹介が済んだところで今回の実験で使用する材料をご紹介
・風船(なんでもいいです)
・オレンジ(こちらもなんでもいいです)
・その他柑橘系果物(他の果物でも出来るのか併せて試してみます)
風船とオレンジさえあれば実験を行うことが可能で容易に揃えられると思います。

【実験準備】
風船を膨らませてオレンジの皮を用意するだけでOKです。

【実験方法】
含まらせた風船にオレンジの皮を折り曲げて汁をかけるだけです。

【実験結果】
オレンジの汁をかけて少し待つと風船が割れます。思いの外大きい音が鳴るので近所迷惑にならないよう注意が必要です。
グレープフルーツ等、他の柑橘系でも同様に実験してみましたが、オレンジほどではないものの風船を割ることが出来ました。
汁のかかり具合があり全てが割れたわけではありませんが、体感だと大量に並べた風船の三分の二以上が実際に割れました。

【解説】
なぜオレンジの皮の汁で風船を割ることが出来るのか?これはオレンジを始め柑橘系の革に含まれている「リモネン」という成分によるものです。
この成分にはゴムを溶かす性質があるため、汁のかかった部分に穴が空き風船が割れます。

【リモネンという成分】
今回の実験の肝となりオレンジに含まれているリモネンについて説明したいと思います。
オレンジを含め柑橘系の果物に含まれており、香りを発生させる物質の1つ。
柑橘系の果物らしい香りはこのリモネンの影響を受けており、そのためアルマオイル等の香りを生成する商品にも数多く使用されています。
この成分はゴムを溶かす性質以外にも発泡スチロールを溶かしたり油を分解したり燃えやすい等の性質を持っています。
燃えやすい性質のため取扱いにはやや注意が必要ですが、上手く利用することで発泡スチロールのゴミを収縮させるなど、生活の役にもたちます。
おばあちゃんの知恵袋的な感じで、油性ペンで書いた文字をオレンジの皮で消すことが出来る…というように紹介されている場合もあります。
その他にも癌の予防、抜け毛防止、ダイエットなど、様々な効果があると言われており、サプリメントが発売されているほど。
また、ゴムやプラスチックを溶かすという性質を活かして汚れを落としたろシールをはがしたりするスプレーにも使用されています。

食べた後は捨ててしまう事が多いオレンジの皮、暇つぶしも兼ねて再利用してみてはいかがでしょうか。

管理人の一言
「風船の割れる音がマジでデカイので近所迷惑には重々配慮してください

【実際の動画】


続きを読む >>

【動画】卵30個で目玉焼きを作ったらどうなるか?


本日はとんでもないものを作ってしまったのでご紹介。

紹介するのは「卵30個で目玉焼きを作ったらどうなるか?」
"目玉"というぐらいなので普通は1~2個で作るはずの目玉焼き。
その目玉焼きを30個使って巨大な目玉焼きを作ってみました。

【概要】
もうそのままです。卵30個をフライパンに突っ込んで焼くだけです。

【用意するもの】
・卵×30個
・油
・フライパン
・調味料(お好みで)

【検証】
かなりフライパンにくっつくのでまず油を敷く、その後でひたすら卵を割っていきます。
焼き終わったらお皿に乗せて出来上がり。

【出来上がりを見て】
表面を見ると無數の目だがある白い円盤、底面を見るとホットケーキみたいな感じで出来上がります。
断面部を見てみるとかなり分厚い白身の中に目玉が混じっている感じに。

【食べてみての感想】
ただの目玉焼きです。当然ですが。
ただ、物量がとにかく凄いので味が普段よりも濃く感じます。全体の8分の1を食べただけでも思いと感じるので、複数人で何回かに分けて食べることをオススメします。

本当に暇を持て余している人、卵があり余ってしょうがない人、ひたすらにタンパク質を摂りたい人、等などに該当する方は是非お試しあれ。

管理人の一言
「チーズをかけて食べると重さが増してよりキツくなりました」


【実際の動画】

続きを読む >>

ロウソクシーソの作り方


今日は不思議な現象をご紹介。
紹介するのは「ロウソクシーソー」
なにやらロウソク2本を作ってシーソーのような動きを再現出来るらしい。
本当に再現できるかどうか実際にやってみました。

【検証概要】
ロウソク2本を繋げて1本にし、支えを作ることでシーソーのような動くを再現できるかどうか検証します。

【用意するもの】
・ロウソク×2本
・つまようじ
・簡単な土台×2(今回はマッチの箱を使用しました。)
・ライター
ロウソクは買いに行かないとないかもしれませんが、その他は容易に揃えられるはずです。

【検証準備】
まずロウソクの底の部分を火で炙り、2本をくっつけます。(両端に火を付ける部分が出来るように)更に接着部分につまようじを通します。
完成したらつまようじを両端を土台に置き、ロウソクが浮くような状態を作れば完成です。

【検証結果】
ロウソクの両端に火を付けるとシーソーのような動きを再現することが出来ました。
具体的なソースは見つけられませんでしたが、ロウソクが溶けて垂れるタイミングで発生するタイミングで上がったり下がったりを繰り返しているように見えます。
その反動が両端で何度も繰り返され結果シーソーのような動きに…という現象なのではないでしょうか。

実際にやってみると分かるのですが、このシーソーのような動きはかなり長持ちします。
あまりにも暇すぎてやることがないとう方は暇つぶしにロウソクの動きを眺め続けてみてはいかがでしょうか。

管理人の一言
「ワインを飲みながらロウソクシーソーを眺めるという新たな嗜み」


【実際の動画】

続きを読む >>
1 / 11
トップページ